世界華人工商婦女企管協会日本分会第四回理監事会議と新年会

 

 2011年1月23日、東京・恵比寿のアートカフェ・フレンズで、世界華人工商婦女企管協会日本分会第四回理監事会議と新年会が行われ、約50名の出席があった。理幹事会では収支報告や活動報告が行われ、その後は新年会に移った。新年会には来賓として、台北駐日経済文化代表処の陳調和副代表、経済部の余吉政部長、僑務部の趙雲華部長らも訪れ、新年の挨拶を行った。

 

 

 新年会の余興には、まず山梨台湾総会のメンバーによる台湾の少数民族の踊りが行われ、会場はこの踊りで一気に盛り上がった。

 また、その後、代表処の趙雲華部長が、ジャズのピアノ演奏を披露。さらに、部長のピアノで会場に来ていた夏輝レオンさんの歌や、歌手の寒雲さんの歌が披露され、踊りでどうなることかと思われた会場の熱気に、品が加わり、しっとりとした音楽の時間となった。

 美味しい食事と、素敵な音楽の最後は、理監事全員での少数民族の踊りでフィニッシュとなった。会員や来賓、友人たちにとっても大変に楽しめた新年会となった。

成立近十年的世界華人工商婦女企管協會(以下簡稱世華)在鄭玉蘭會長的領導之下,漸漸的成長茁壯,本月23日在ㄧ家位於恵比寿的有名爵士樂會場舉行了第四次理事會及新年會。在會中會員全員穿上新的世華制服,每位會員好像回到小時候穿新衣服時的心情,露出欣然的笑容。
 
 這次前來的長官有台北駐曰經濟文化代表處的陳調合副代表,經濟組余吉正組長及僑務部趙雲華組長夫妻及文君妃秘書。
 
 鄭會長致辭後是陳副代表的簡短談話。隨後余組長說從小就尊重女性,希望在商務上若有需要一定全力配合。
  趙部長則鼓勵每位會員,強調女性最近的地位不斷提高,尤其是85年後女性外交官就越來越多,特別是去年外交部25位外交官就有17位女性。
 
 愉興節目由有山梨的山地舞,趙組長也應大家的要求以鋼琴音樂和レプラカン(本團體是和曰本寶塚劇團一樣)的主唱夏木小姐(扮男役)合唱了世界名曲的「キャバレー」,也和會員寒雲合唱了「月亮代表我的心」。因三位都是有相當水平的專業人士,讓在場人士在無形之中享受了一場高級的音樂饗宴。最後以「大家一起來」這首歌結束了三個小時的歡樂時光。
 
 這次負責全場的主持人,陳玉櫻副會長的控制全場是新年會能夠順利進行的主要原因。另外,三位副會長(星原淑子、謝美香、岡村貴美)在會中和各會員的互動更讓人覺得此會的合作與融合

写真はこちら。

 

コメント (0件)


世界華人工商婦女企管協會曰本分會
http://gfcvw.mita.pw/article.php?story=20110124012645129